大腸内視鏡 大腸ファイバー|船橋市の胃カメラ 大腸内視鏡はさとうクリニック|胃内視鏡 大腸カメラ 内科 肛門外科|津田沼|習志野市

大腸内視鏡(大腸ファイバー・大腸カメラ)

大腸内視鏡検査

近年、食生活の欧米化により、大腸がん・直腸がんが増加しています。大腸の精密検査には、大腸内視鏡検査と注腸レントゲン検査などがあります。
大腸がんの中には、平坦型や陥凹型といった注腸レントゲン検査では発見しにくい病変があるので、大腸がんの発見には大腸内視鏡検査が大変有効な検査です。

また大腸がんは腫瘍性の大腸ポリープから発生することが分かっています。ポリープを早期発見し、治療(内視鏡下に切除)することが大腸がんを予防するもっとも正確確実な方法です。
大腸ポリープの切除は、がんの早期発見よりさらに進んだ予防的治療といえます。

こんな症状のある方は大腸内視鏡検査を受けましょう
  • 血便
  • 急に便秘がちになった
  • 下痢を繰り返す
  • 便が細くなった等の便性状の変化
  • 排便回数の変化
  • 腹痛、膨満感
  • がん検診で異常を指摘された(便潜血陽性)
  • 大腸ポリープをとったことがある
  • ご家族に大腸ポリープや大腸がんのいる方
大腸内視鏡とは

おしりから大腸の最深部(盲腸)まで内視鏡を進め、抜きながら大腸の表面(粘膜面)を観察します。
内視鏡を挿入している時間は10分程度です。腸管内の状態は写真としてファイリングシステムに保存し、検査後の説明時にお見せします。

さとうクリニックの大腸内視鏡検査の特徴
快適な検査

1万件以上の内視鏡検査の経験を積んだ院長が高度な技術で検査を行います。
また、鎮痛剤と鎮静剤を注射してから検査を行いますので、ほとんど苦痛なく終わります。
注射で半分眠ったような状態になり、目が覚めた時には検査は終わっています。
完全に目が覚めるまで回復スペースで横になってお過ごしいただきます。

安全面・衛生面への配慮

設計段階から内視鏡専門施設としてのこだわりを持ち、建設したクリニックです。
検査室だけでなく、前処置室、検査後の回復スペースも十分に設け、スタッフの目が常に行き届くように配置されています。
安心して快適な検査を受けていただけるよう配慮いたしました。
検査後の内視鏡は、感染防御のため、検査一回ごとに、専用洗浄器による機械洗浄を行いますが、機械洗浄の前にスタッフによる入念な手洗いをプラスしたダブル洗浄を行っています。

特殊光観察機能(NBI)を備えた電子内視鏡

さとうクリニックでは、特殊光観察機能(NBI)を備えた電子内視鏡を用いて、精度の高い検査をします。 特殊光観察機能(NBI)とは、スペクトル幅の狭い特殊な光を使うことにより、粘膜表層の血管の走行状態を見ることができる機能です。これを使うことで、癌(がん)特有の血管走行や血管の増加が見つけやすくなり、病変の早期発見が可能になります。

腸の特徴に合わせた大腸内視鏡検査

大腸にも、腸の長さ、走行、癒着の有無など個人差があります。大部分の方はどのような内視鏡スコープを用いても大腸の最深部までの検査は可能ですが、腸の長い方、癒着のある方では、適した内視鏡スコープを使用しないと痛みが強くなる場合や、検査を完遂できない場合があります。
腸は直接見ることは出来ませんが、性別、体型、手術歴等から腸の個人差を予測することが可能です。
当院ではハイビジョンスコープを始め、種類の違う3種類のスコープを用意し、患者様それぞれに適したスコープを使用しています。

case1
内視鏡下ポリープ切除術(ポリペクトミー)

ポリープの中には、放置しておくと大腸がんになる危険性を持つ病変があるため、大腸がん予防のために切除します。内視鏡の先端から輪状のワイヤーを誘導し、ポリープの根元に引っ掛けます。
さらに引き締めるのと同時に通電し、焼き切ります。粘膜には痛覚が無いため、痛みは感じません。

さとうクリニックでは、日帰り切除可能な大きさのポリープはその場ですぐ切除することも可能です。
ただし、脳や心臓の病気のために、血液の流れを良くする薬を内服している方、旅行や仕事などの都合より合併症が生じた際の緊急対応ができない方は、日を改めての切除となることもあります。

注)内視鏡下ポリープ切除術をお受けになる際の注意点

  • 血液の流れを良くする薬を内服している方は、外来にてお申し出ください。
  • 治療後2週間ほど、日常生活の制限があります。この期間、出血等の合併症発生の危険性が高くなるため、重労働、暴飲暴食、飲酒は避けてください。
    また緊急処置が必要となることもあるので、旅行や重要な仕事などの予定がある方は、事前に日程についてご相談下さい。
  • 大きなポリープは出血、穿孔といった合併症の危険性が高くなるため、入院設備のある施設に依頼します。
    院長が、非常勤で勤務する済生会習志野病院にて施行することも可能です。

大腸内視鏡の流れ

(※診察時に緊急性が認められた場合などは以下と手順が異なることもあります)

内視鏡検査の電話予約は行っておりません。

まずは診察にお越しください(診察は予約制ではありません。)
  • 現在の症状やこれまでの病歴などを伺います。
    (人間ドッグや健診でひっかかった方は、健診結果一式をお持ちください)
  • 問診、腹部の触診など診察を行います。
  • 患者様のご都合を聞きながら検査の日程を決定しご予約をお取ります。
  • 内視鏡検査に必要な血液検査を行います。
  • 検査についての詳しい説明を行い、検査内容についてのパンフレットをお渡しします。
  • 検査前日に食べていただく検査食をお渡しします。

※診察時にお持ちいただくもの

  • 保険証
  • 服用中のお薬がある方は、お薬手帳などお薬の内容が分かるもの
  • 「検診や人間ドッグでひっかかった」という方はその検査結果一式
検査前日
  • 診察時にお渡しした検査食を食べていただきます。
  • 夜下剤を飲んでいただきます。

※食事内容や制限事項、下剤の詳細については、診察時に詳細をご説明します。

検査当日

A. 前処置 院内法
朝来院していただきます。 着替えをし、専用のお部屋(前処置室)にて検査の準備が始まります。
洗浄剤(腸の中身を洗い出すお薬)を飲みながらトイレに通い、腸の中をきれいにします。
個人差はありますが2~3時間程かけて腸の洗浄をします。
前処置室には専用のトイレがあります。テレビ、雑誌等もありますので、リラックスしながら準備していただけます。(ご自分の本、雑誌等をお持込いただくこともできます)
前処置室では同日に検査をする2~3人の方とご一緒にお過ごしいただきます。
男性、女性は別の日にしていますので、前処置室では同性の患者様同士でお過ごしいただけます。

B. 前処置 在宅法
お住まいが近くの方、検査経験のある方などは、ご自宅で前処置をしていただくことも可能です。検査予約時にご相談ください。

検査
  • 腸の洗浄が完了した方から順番に検査にお入りいただきます。
    (基本的に午前中の外来診療が終ってから検査時間になりますので、腸の洗浄が早く済んでもお待ちいただくことがあります。ご了承ください)
  • 全身状態を確認した後、医師が鎮静剤を注射し、半分眠ったような状態で検査を行います。(ご希望や状態によっては鎮静剤を使わないこともあります)
  • 内視鏡を挿入し、全大腸を観察します。
  • ポリープが見つかった場合はその場で切除することもできます。
    (ポリープがあった場合の処置については、検査予約時の診察の際ご説明、ご相談します)
検査終了後

検査終了後は鎮静剤の影響が落ち着くまで、ベッドに寝たままリカバリールームでお休みいただきます。
40~60分程度お休みいただき、全身状態確認の後、着替えていただきます。
(もう少し長くお休みいただくこともあります)

説明

検査の結果について、モニターで写真を見ながら医師よりご説明します。
ポリープ切除を行った場合や組織の一部を採取した場合などは、検査後の日常生活にも注意事項があります。
併せてご説明します。また、注意事項についての説明用紙もお渡しします。
(採取したポリープや組織の検査結果は、約2週間後に出ます)

終了

お疲れ様でした。お気をつけてお帰りください。
鎮静剤を使用した場合は、帰宅後も乗り物の運転等はできませんのでお気をつけてください。

ページのトップへ