院長ご挨拶|船橋市の胃カメラ 大腸内視鏡はさとうクリニック|胃内視鏡 大腸カメラ 内科 肛門外科|津田沼|習志野市

院長ご挨拶

さとうクリニックは、平成20年(2008年)7月に開院いたしました。
当院は、父 佐藤希志雄が、昭和34年12月に開設し長年地域の皆様の「かかりつけ医」として歩んでまいりました「佐藤外科」のリニューアルと位置付けできるものです。

私は、東邦大学附属病院、国立がんセンター中央病院(現国立がん研究センター)において、外科医として消化器がんの診断、治療に携わってきました。
また、内視鏡検査件数が日本で最も多く、肛門病治療の専門機関でもある松島病院大腸肛門病センター(横浜市)で数多くの内視鏡検査、大腸ポリープ切除術、肛門病治療を行ってきました。
これらの経験を生かし、胃・大腸・肛門病の専門機関としての機能と技術を兼ね備えたクリニックとして皆様のお役に立てるよう日々努力しております。

また、「佐藤外科」にて行ってきた一般内科・外科診療や健康全般のケアなど、ホームドクターとしての役割にも引き続き力を入れております。 どうぞよろしくお願いいたします。

さとうクリニック 院長 佐藤雅彦

院長 佐藤雅彦プロフィール

東邦大学医学部卒業

主な勤務先
東邦大学附属大森病院・佐倉病院 消化器一般外科
国立がんセンター中央病院 外科レジデント
松島病院大腸肛門病センター 内視鏡科、肛門科
済生会習志野病院 外科(内視鏡)非常勤 ※現在も勤務中
平成20年7月 さとうクリニック開院
所属学会・資格など
医学博士
日本消化器内視鏡学会 専門医
日本外科学会 専門医
日本医師会 認定産業医
日本消化器外科学会
日本大腸肛門病学会
日本消化器がん検診学会
二木会(大腸内視鏡挿入法研究会)師範、千葉県幹事
ページのトップへ